2014年3月16日日曜日

F1 オーストラリアGP 2014 決勝結果

-追記-
2位のレッドブル、リカルドの車に違反があったとして失格となりました、不服申立てしているみたいですが繰り上がりでバトンが3位となります。
我らがマッサがお怒りでしたが小林選手のリアブレーキのトラブルだったということでペナルティーはつかないようです。

 優勝はロズベルグ、2位にリカルド、3位にマグヌッセン
優勝のメルセデス、ロズベルグはチャンピオンも見えてきました。
2位のリカルドは地元オーストラリアに弱かった前レッドブルドライバーの後任でオーストラリア人ですので歓声がすごかったですね。
3位のマグヌッセンは新人で初グランプリ初表彰台、ヤン・マグヌッセンの息子さんです。
メルセデス、レッドブル、マクラーレンと強豪チームが強かったですがルノーエンジンを積むレッドブルがここまで来るとは予想外でした、どこかで予選突破も無理じゃないかと見ましたがレッドブルは流石です、トロロッソも速かったのでルノーエンジンは予選決勝ともに十分戦えそうですがロータスは遅れを早く取り戻したいところです。
ウィリアムズが速いと事前に予想されていましたが速さはあったものの結果は振るいませんでしたが十分表彰台に乗る力はありそうです。

小林選手は我らがマッサをスタート1コーナーで弾き飛ばし両者リタイヤとなりました。